電子書籍 > イースト・プレス > ケダモノたちの夜に

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年05月24日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数146
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

母の急逝で天涯孤独の身となった大学生の氷魚…。
ある日、伯父と名乗る男が現れ、乞われるまま亡き父の生まれた村を訪れることに…。

閉鎖的で謎めく山奥のその小さな村——
着いたその日のうちに、氷魚は世話役の青年、前川からいきなり犯される…。
謂れなき凌辱に慄きながらも、その腕の中で乱れていく氷魚…体の奥底に潜む『何か』に翻弄される二人の秘密は…? 
淫ら迷宮☆ミステリアス・エロス

イラスト 笹生コーイチ 

■本文より
明日も大学はない。
 昼過ぎまで寝て、それから香典返しのための住所の書き出しでもやろう。
 そんなことを考えながら、駅からの道を歩いていた。
 家賃が安いだけあって、ちょっと駅から離れている俺のアパートへ向かう道には、途中に大きなマンションの建設予定地が二つあった。
 一つはすでに外側が出来上がり、はめ込まれた一階部分のガラスにはテープが貼られ、梱包を解いたばかりの荷物みたいな姿の建物が聳え立っている。
 けれどもう一つはまだ敷地を取り囲むように高い鉄の塀があるだけで、運ばれた資材がちょこっと頭を出しているだけの場所だった。
 若い女だったら、きっと遠回りをしてでも表通りを選んだだろう。
 けれど、体躯壮健な男としてはそんな必要はまったく感じることなく、その幾分暗い道をいい気分でふらふらと歩いていた。
 背後から足音がしていたのにも気づいていた。
 でもだからどうだっていうんだ?
 この道の先にはいっぱいアパートも一軒家も建っていて、自分と同じ方向にたまたま向かっているだけの人間に決まってるのに。
 角を曲がり、その足音が急速に近づいてきても、振り向く気も起きなかった。
 その足音の目的が、自分のワケがなかったから。
 だが足音は、俺を追い抜いてゆく、と思った瞬間、背後から襲いかかってきた。
「…っ!」
 口を押さえ込まれ、利き腕を捩られ、そのままずるずると後ろ向きに引きずられる。
 こっちが酔っていたとはいえ、すごい力だ。
「…ん…ん」
 物盗り?
 一番に頭に浮かんだのは、最近新聞などで見かけるキレた連中による強盗だった。酔っ払い相手に財布を狙ったのかと思った。
 けれど相手はそのまま俺の身体を建築途中のマンションの囲いの中へ引っ張ってゆくと、ぐっと体重をかけてうつ伏せに俺を跪(ひざまず)かせた。
 抵抗しない方がいい。
 ここまでされる恨みは買った覚えはない。金が目当てなら、財布を抜き取れば逃げてゆくだろう。この歳の男としては小柄な自分が、俺を引きずるほどの相手と酔った状態で戦えるわけがない。
 だから、俺はおとなしく相手のするがままになった。
 抵抗がなくなったのを不思議に思ってか、口を押さえていた手がわずかに隙間(すきま)を作る。
「さ…財布ならズボンのポケットの中だ…」
 相手は捕らえたままの俺の手をさらに後ろに捩じ上げ、もう一方も同じようにするとそのまま何かで縛り上げた。
 そして、あらかじめ用意していたらしい布で目を覆う。
 どうしてだか、胸が高鳴った。
 恐怖じゃない。
 目隠しをするために相手の男の手が顔に触れた途端、ズキリと胸が痛むほどに疼いたのだ。
 指がわずかに掠(かす)った程度だ。なのにまるでスイッチが入ったように全身が過敏になる。
「な…」
 その理由を考える間もなく、次は口に布が巻かれた。
「…ぐっ…」
 今度は本当の恐怖で身体が震える。
 たかが物盗りでここまで相手を縛り上げるか?
「んん…っ!」
 声を上げ、肩を揺する。
 だが、ここまでされた後ではもう遅かった。
 背後から男の手がズボンをまさぐる。
 財布は尻のポケットだった。触るだけでその膨らみはわかるはずだ。なのに手が伸びてきたのは前だった。
「ん…!」
 ファスナーの引き下ろされる音がする。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ008206
ファイル名/ファイル容量
BJ008206.zip / 7.06MB (7406360Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ケダモノたちの夜に」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件