電子書籍 > イースト・プレス > 隣人に恋の降る

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年04月29日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数148
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

隣に住む仲良しの老人から、“東京に行って、ある会社で働いてほしい”という謎の依頼を受けた青年、羽曳野。
そこは超一流の商社で、おまけに、用意されていたマンションに越してみると、隣人は会社の同僚・渋谷だった。

老人との不思議な約束、そして隣人との不思議な関係。
昼は気難しいエリートリーマンの渋谷が見せる意外に優しい素顔に、心惹かれていく羽曳野。

そんな矢先、老人が倒れたという知らせが…。

渦巻く疑心と愛しさのLOVE★MAZE 
イラスト 北上れん 

■本文より

「なんで…」
 この人を…、好きかもしれないと感じた。
 いや、きっともうとても好きなのだろう。
 無骨で、無愛想なフリをしながら、子供のような顔を見せる逞しい男に、心はとっくに惹(ひ)かれていた。
 でもこの人が自分をどう見ているかはわからない。
 それが悲しくて涙が零れる。
「あてつけがましい…」
 ポツリと零れた最初の言葉がそれだった。
「俺に取り入ろうっていうなら、これくらいさせろ」
 手首を捻(ひね)られ、外されたネクタイで後ろ手に縛られる。
「何…?」
 取り入る?
 誰が? 誰に?
 シャツは力任せに引きちぎられ、布の裂ける嫌な音が響く。
 露(あらわ)になった肌に彼の舌が這い、続いて同じ場所に噛(か)みつかれるようなキスをされた。何度も、何度も、まるでさっき見つけた首筋のそれよりも多くつけてやるというように。
「俺が、何を…」
「うるせぇ」
 ズボンにも手がかかり、身構える間もなくファスナーが下ろされる。今度は上のホックもすでに外されていたから、前が全開になってしまう。
 手はその中から、まだ萎(な)えている俺のモノを引き出した。
「いや…っ!」
 指が敏感な場所に絡みつく感覚に、声が大きくなる。
「声を上げるな」
 だが、彼のくれる言葉はそんなものだけだった。
 男同士の行為がどうなされるのかは知っている。女性器の代わりに何をどうされるのかも。
 けれどそれは慣れた者が行う行為で、そのためには補助が必要だということも知っていた。
 俺ごときが知っていること、渋谷さんが知らないわけがない。今時、そういった知識は町に溢れているのだから。
 なのに、指は強引になんの湿りもない場所に突っ込まれ、ギリギリと肉を割る。
 怖い…。
 壊される。この人は俺を叩き壊すつもりなのだ。
「やめ…!」
 だが本気で抵抗をするのが遅すぎた。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ008200
ファイル名/ファイル容量
BJ008200.zip / 4.74MB (4969397Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「隣人に恋の降る」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件