({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2011年11月04日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数149
ジャンル
ファイル容量
7.17MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

実業家の父のお供で砂漠の街、ドバイを訪れた大学生の森は、
大富豪の王族兄弟、キファーフとシャーヒーンの二人から同時に熱烈なラブコールを送られ…。

優しく気品に溢れる兄キファーフに惹かれつつも
、野性的な異端児、弟シャーヒーンの「お前は俺を必ず好きになる」という一言が忘れられない森。

ある晩、シャーヒーンに強引に連れ去られてしまった森は…。

月の砂漠のエロマンティック冒険譚

イラスト 日吉丸晃
熱砂の略奪者

「森、俺と一緒に生きてみないか?」
 シャーヒーンはその太陽を見ながら、森に語りかけた。
「どういうことだ?」
 森は驚いて、シャーヒーンを見る。
「俺は、父やキファーフや他の兄弟たちより成功して、あの太陽のように上に昇る。だから、俺についてこないか?」
 シャーヒーンは野心に目を輝かせて、森を見つめる。
「ついてこいって、どういうこと?」
 森は戸惑った。
 仕事のパートナーとして、ついてこいということなのだろうか。
「お前を一目見た時から…、恋におちる予感がした」
 シャーヒーンは森の両肩に手を載せて、じっと目を覗きこむ。
「シャーヒーン…」
 野性的な彼の目の中に太陽の光が見えた。
 野心をいだく彼にふさわしい、燃えるような炎の赤。
「俺を好きになれ。そして、一生共に暮らそう」
 シャーヒーンは森の顎(あご)を掴むと上向かせ、キスをする。
「んっ!」
 キファーフとは違い、荒々しく強引なキスだった。
 歯列を割って舌が口腔に入りこみ、中をかき回す。
「……んぅっ!」
 逃れようとして腕を突っ張ったが、強い力で引き戻され抱きしめられた。
 布を通して、シャーヒーンの身体の熱が伝わる。
 身体が急に熱くなり、めまいがした。
 この熱さは、昇り始めた太陽のせいじゃない。
 シャーヒーンの貪欲(どんよく)なキスは、森の官能を刺激していた。
 求められるままに舌を絡ませて、森は快感に溺(おぼ)れていく。
 一度唇が離れても、二人の舌は絡み合ったままで、再び唇が重なる。
 重なった唇も身体も熱くて、心まで燃やされてしまいそうだ。
 膝がガクガクと震えて立っていられなくなり、森は自分からシャーヒーンにしがみつく。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「熱砂の略奪者」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件