電子書籍 > イースト・プレス > 花嫁修業は首輪をつけて

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年12月23日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数146
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

一人暮らしをするはずが…歳の離れた従兄と同居する羽目になった大学生の朋己。
若くして経営アドバイザーの肩書きをもつ従兄の俊介は、誰もが認める優等生で、煙ったいことこの上ない。
反抗心を剥き出しにする朋己に、俊介は「初夜だからやさしく可愛がってあげるよ」と
意味不明なことを囁いて、薬で動けなくした朋己の躰を…。

仮面が剥がれた従兄の鬼畜プレイに啼かされて——。

ハードでメロウな新妻調教計画!? 
イラスト:高峰顕

「バカじゃないの? 何が初夜だよ! 何考えてんだよ! ん…っ……」
 唯一自由になる口で、朋己は俊介を罵倒(ばとう)してやろうと思った。だが、その声まで俊介に呑み込まれてしまう。
 深く重ねられた唇から、朋己に逃げる方法はない。
 俊介は朋己の口の中に舌を差し入れてきた。舌を強く吸われて、背筋を甘い痺れのような感覚が走り抜けていく。
 俊介の舌の動きに、中途半端に昂(たか)まったままの躰が激しく疼き始める。
 自慢にもならないけれど、それは朋己にとっての初めてのキスだった。大学に入ったら、今度こそ彼女を作って一通りの体験もしようと夢見ていたのに。
 一人暮らしの夢だけではなく、その夢さえ俊介に木っ端微塵にされてしまった。朋己の憤りは言葉でなんか表せない。
 それなのに、朋己は抗議の言葉ひとつ言うこともできずに、口の中を好きなように荒らされている。
 やさしく舌に絡みつかれたかと思ったら、次の瞬間には強く吸い上げられる。そして今度は、舌の表面を舐められた。その繰り返しに、躰がどんどん熱くなる。
 その熱は、朋己の思考や怒りや憤りまでも溶かしていく。
「っ…」
 先走りで濡れた中心を、俊介がそっと握った。その瞬間、朋己は全身を硬直させる。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ008194
ファイル名/ファイル容量
BJ008194.zip / 6.47MB (6783576Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「花嫁修業は首輪をつけて」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件