電子書籍 > イースト・プレス > 淫らな白衣 ~色道秘伝書 白の巻~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年12月30日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数164
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

江戸時代より将軍家の御殿医として色道を極めてきた東埜クリニック。
後継者である長男の至道は、京都で薬学を学ぶ美しい弟、早瀬を、異常なまでに溺愛していた。

そんな早瀬が恋をした。相手は同じ大学の研究生、一色。
由緒ある薬師の家系、百人一首を愛し、媚薬の研究に没頭する男…。

その昔、失われたという一対の秘伝書『色道指南書』が呼び寄せる、運命の出会いと三つ巴の愛憎劇。

禁断のエロティックラブ♪

イラスト:櫻井しゅしゅしゅ
参考文献 狩野一色 覚え書き 意訳

「顔が…見える方がいい…」
 早瀬は蚊の鳴くような声でねだった。
 初めて一色が自分の中に入ってきた時、どんな顔をしているのか見ていたい。
 いつも聖人のように穏やかな男が、欲望で取り乱す姿を見たかった。
「それじゃ、腰枕を使おう。女性と違って、少し下にあるからな。足を高く上げて」
 一色は素早く早瀬の腰の下に、枕を当てて高さを確保した。
「…中が…変だ。おかしい」
 むず痒さはどんどん拡がっていって、体の内部から何かを入れてこすって欲しい欲が沸き上がる。
「いいか、早瀬。こんな薬を使うのは、最初のうちだけだ。辛くなくなったら、二度と使わない。本当は何も使わずに、君を抱きたいんだ」
 一色が押し入ってこようとしている。予想した痛みはまったく感じられなかった。その部分が痺れたようになっているせいだろう。
 ぬめり薬なんてものがあるのを、早瀬は知らない。現代ではその手のローションが出回っているというのに、一色はあえてそんなおかしなものを使う。
 けれどそのお陰で挿入はかなりスムーズだった。痛みよりも快感の方が強くて、早瀬はいつしか一色に縋りついていた。
「足を…乗せて」
「んっ…」
 一色の肩に足を乗せられた。そのせいでかなり体を折り曲げたが、深く入っていくのが分かる。
「すぐに終わるから、我慢して」
 本当ならもっと愉しみたいだろう。なのに早瀬の体を配慮してか、一色は急いで終わりに向かおうとしている。
 早瀬は目を見開いて、一色が乱れる様子を見ようと思った。
 興奮しているのだろうが、一色の姿からは美しさが消えていない。真剣になっている表情が素晴らしくて、いつまでも見ていたくなる。
 見られていると知って照れたのか、一色は唇を重ねてきた。足は自然と肩から外され、早瀬は苦しむことなく一色の唇を受け入れる。そうしているうちに、体内になま暖かいものが拡がっていくのが感じられた。
「早瀬がこれに慣れたら…もう少し長い間愉しめるようになる。焦らず、ゆっくりやろう」

作品情報/動作環境

作品番号
BJ008188
ファイル名/ファイル容量
BJ008188.zip / 7.54MB (7903505Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「淫らな白衣 ~色道秘伝書 白の巻~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件