電子書籍 > イースト・プレス > 傲慢社長の愛の罠

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年04月29日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数164
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

巳佐都はVIP警護専門の敏腕ボディガード。
大企業KATAGIRIからの依頼で、社長就任を目前に控えた副社長、隼人の警護をすることに…。

隼人から、カムフラージュのために恋人同士という設定にしろというありえない要望が。
見惚れるほどの男前なのにセクハラ三昧の隼人。そんな折、隼人が襲撃され…。

男のプライドが激突するハイテンション・ラブ!

イラスト:不破慎理

■本文より
「君の綺麗な顔に傷がつかなくて本当によかった」
 場の空気を軽くしようというのか、隼人が茶化した口調で言う。
 いつもなら怒鳴り返す場面なのに何も言えなくて、そのいつもとは違う巳佐都の反応に、隼人も茶化すのをやめ、口を噤む。
 そして、握った手をやんわりと引いて、巳佐都をベッドの端に腰かけさせた。
「キスしても、いいかい?」
 今まで、そんな確認してきたことなかったくせに。
 どう応えていいかわからなくて、黙ったまま男の顔を見つめていると、そっと頤(おとがい)を取られ、唇を親指の腹で撫(な)でられた。
 伏せた睫(まつげ)が戦慄(わなな)いて、行き場をなくした指先が、シーツを握る。
 ゆっくりと近づいてきた唇を、巳佐都は自ら瞼を閉じて受け取った。

「ダメ…だ……怪我してる…のにっ」
 隼人の身体の上に引きずり上げられそうになって、やんわりと拒む。傷に触るわけにいかないから、抵抗もなけなしだ。
 なのに隼人は、巳佐都が隼人の怪我を気に病んでいることをわかっていて、わざと意地の悪いことを口にする。
「怪我人なんだから、少し甘やかしてくれてもいいだろう?」
「……っ、卑怯者っ」
 こちらの弱みにつけ込むなんて。
 罵るものの、言葉に強さはない。それどころか、やけに甘ったるく聞こえて、巳佐都は唇を噛んだ。
 隼人の手が、巳佐都のシャツをたくし上げ、素肌を伝いはじめる。隼人が左手を使っていることに気づいて、巳佐都は慌てて止めた。
「ダメ…ですっ」
「でもそれじゃあ、君を隅々まで愛してあげられないだろう?」
「そんな……だ…って……っ」
 必死に訴えると、男はやっと左手を使うのをやめ、代わりに唇を寄せてくる。
 巧みな愛撫(あいぶ)が、片手が使えないハンデなどものともせず、巳佐都の肌に欲情を灯していく。
「ん……っ、や…だ……っ」
 口では抵抗しながらも、隼人に協力してしまう。自らシャツを脱ぎ落とし、隼人の視線に晒(さら)されながら下着にも手をかけた。
 ガウン一枚でベッドに仰向けに横になる隼人の腰をおずおずと跨(また)いで、ガウンの腰紐(こしひも)を解く。ベッドヘッドに積み上げたクッションに背をあずけ、隼人は巳佐都の肌を嬲(なぶ)る。
 胸の突起を弄(いじ)り、唇を寄せて、触れられる前から尖りはじめていた敏感な場所をきつく吸い上げた。
「あぁ……っ」
 甘やかな吐息が零(こぼ)れる。
 白い喉を仰け反らせ、隼人の頭をかき抱いて、巳佐都は背を撓(しな)らせた。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ008168
ファイル名/ファイル容量
BJ008168.zip / 4.3MB (4507010Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「傲慢社長の愛の罠」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件