電子書籍 > イースト・プレス > 漢(おとこ)のお値段、ご融資します!

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年02月08日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数236
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

和太鼓集団・漆間組を襲った二つのショッキングな出来事……
助成金打切りの知らせと、組の財産ともいうべき太鼓を積んだ車の事故。
超イナセな若手組員、未朋はファイナンス会社の新社長、都倉に助成金再開の直談判を試みる。
交換条件として「呼び出されたら、どんな時でもここへ来て、咥えろ!」と躰での奉仕を求められ…。
侠気ラブ!

【抄録】

「そこまで言うなら、わかった。おまえの本気とやらを見せてもらおう。—咥えろ」
 ふんぞり返って横柄に吐き出された言葉の意味が、未朋には理解できない。
「は?」
 咥えるって……煙草を?
 未朋は本気で首をかしげた。
 そんな様子を、うっすらと口許に笑みを刷いた都倉が、冷ややかな眼で眺める。
「生意気なことを言うその口で、私を勃たせて、イかせてみろ」
 不遜(ふそん)な態度で続けられ、性的な意味だと理解した未朋の頭にカッと血が上った。
 整いすぎた未朋の容姿をからかいのネタにする輩は、子どもの頃からたくさんいた。
 未朋が乱暴者として知れ渡るようになったのも、元をただせば、その類の揶揄から自分の身を守るための防衛策として腕力を振るってきたからだ。
 成人した今だって、そんなふうに嫌がらせを受けようものなら、相手が二度と未朋に軽口を叩こうと思えなくなるくらい痛めつけてやる。
 けれどさすがに都倉に対して暴行に及ぶわけにもいかず、未朋は怒りで顔を紅潮させて衝動に耐えた。膝の上で握った拳が、力を入れすぎたあまり震えている。
「屈辱か? 当然だろうな。男としてのプライドはずたずただな。だったら—今すぐ帰ればいい。人生をかけていると言っておきながら、プライド一つ捨てられないような生半可な覚悟に、時間を割いてやるほど私は暇ではないんだ」
 傲慢な口調。
 はじめて言葉を交わしたあの夜から、なにも変わっていない。
 都倉は和太鼓を、価値のないものだと思っている。
 未朋が生涯をかけて突き進もうとしている、大切なものの存在を—。
 だから都倉はこんな屈辱的な交換条件を提示して、未朋に諦(あきら)めさせようとしているのだ。
 —負けてたまるか。
 未朋は思った。優雅に紫煙を吐き出す都倉をギッと睨みつける。
「プライドくらい、捨ててやらぁ!」
 男は度胸! とばかりに、未朋は吐き捨てながら立ち上がった。
 ずかずかと大股でテーブルを回り、都倉の前に立ちはだかる。
 ソファにゆったりと腰かけている都倉を見下ろすと、小馬鹿にしたようなまなざしに出会った。
 ムカッとしたが、ここからどう行動すべきか逡巡する。
 —咥えるって、まさか……本当に、この男のものを?
 考えただけで嘔吐(おうと)しそうだ。
「やはり口だけか」
「漆間組の男を、見くびるなッ」
 がしっ。
 都倉の前に跪(ひざまず)くと同時に、スラックスの上からそれを鷲掴(わしづか)みにしてやった。
 —デカ…。
 触り慣れている自分のものとは、明らかに手にした感覚が違う。そういう意味でも未朋のプライドは傷つけられた。
「おまえも男ならわかるだろう。デリケートな部分なんだから、丁重に扱ってくれ」
 煙を吐き出しながら言う都倉に、ムカッとした。
 未朋は一大決心のすえの未知との遭遇に緊張しているというのに、その寛(くつろ)ぎぶりはなんだ、と詰め寄りたい気分だ。
 —余裕、なくさせてやる。
 両膝を絨毯について、都倉のベルトに手をかけた。
 都倉は膝を広げ、未朋の躰を挟むような位置でゆったりと落ち着けた。
 ケンカをするように荒々しくベルトを外し、ファスナーを下ろす。するとモノの形がくっきりとわかるボクサーパンツが現れて、未朋は息を呑(の)んだ。なぜか顔が赤くなる。
 男の下着姿くらい、漆間組の面々の着替えで見慣れている。祭りの時は、素っ裸になって互いの褌(ふんどし)を締め合ったりもするのだ。
 それなのになぜいまさら、動悸(どうき)がするのかがわからない。
「怖気(おじけ)づいたか?」
「…っ、やらしーパンツ穿いてんな、って呆れてただけだ」
「その方が女は喜ぶだろう?」
 そういうものなのか、と未朋は思わず心に書き留めてしまった。
 しかしすぐ我に返り、都倉の下着を乱暴にずらす。そして、ごくっと唾を飲んだ。
 力ない状態でも、それはすでに十分な大きさだった。こんなサイズ見たことない……と、未朋は呆然としてしまう。
「視姦のつもりか? それなら色っぽい流し目でもして、私をその気にさせる必要があるぞ」
「っるせぇ! 勃たせりゃいーんだろっ」
「勃たせるだけではない。その生意気な口でご奉仕して、イかせるんだ」
「ご奉仕とか言うなッ」

作品情報/動作環境

作品番号
BJ008154
ファイル名/ファイル容量
BJ008154.zip / 13.57MB (14227952Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「漢(おとこ)のお値段、ご融資します!」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件