電子書籍 > 日本文芸社 > 非常階段で逢いましょう

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年01月29日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数159
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

自作料理を人に食べさせるのが趣味の安積は、実益を兼ねて、バーで働いている。
そのバーが入っている古ビルで逢う青年・明記は、いつも顔色が悪く倒れそうな感じ。
しかも、どことなく昔飼っていた犬を思い起こさせる……

明記にソッチの欲望は湧かないものの、「料理を食わせたい」欲望がムラムラしてきた安積は、
明記を部屋に上げ、「餌付け」に成功した。

心を開いた明記の話を聞くうち、彼が「こっち側」の人間だと判明するが、
どうやら「受け」であることに嫌悪感を抱いてたらしい。

自分も「受け」の安積だが、美味そうに手料理を頬張る明記についつい惹かれて行き——!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ005961
ファイル名/ファイル容量
BJ005961.zip / 40.44MB (42400666Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「非常階段で逢いましょう」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件