破鏡再び照らさず【短編】のサンプル1