「カラダだけ、甘く痺れて。~オトナの恋のはじめ方~ 1巻」

カラダだけ、甘く痺れて。~オトナの恋のはじめ方~ 1巻
タイトル カラダだけ、甘く痺れて。~オトナの恋のはじめ方~ 1巻
出版社 G2コミックス
著者 美波はるこ
ジャンル 着衣 女性視点 OL 同級生/同僚 スーツ 屋外 シリアス ティーンズラブ
作品情報 マンガ 画像(JPEG)ファイル プロテクトがかけられています
価格(税込) : 105円
ポイント : 3% 還元

カートに入れる

作品紹介ページへ

▼作品内容

「オレの事好きにならないでね」
初めてHした後に四條から言われた衝撃的な言葉。
裕子はショックを受けるも、プライドの高さから
「こっちだって、一度寝たくらいで、いちいち男に惚れる年じゃない」と言い放つ。
通っているバーの顔見知りだった2人は、それ以来いわゆるセフレの関係に。
適齢期を迎え、友人達が次々と結婚していく中生まれるジレンマ。
あの男はずっと一人でいるつもりなの? それとも私相手に恋愛したくないだけ…?

~オトナの恋のはじめ方~

通っているバーの顔見知りだった、主人公・裕子と四条。
ある日、お互い一人でなんとなくそんな雰囲気になってやってしまったH。
その日から、セフレ関係の2人の生活が始まる…!!

だが、四条から「オレの事好きにならないでね。」と…
それに対し裕子は、歳も年だし、プライドが高いため、
「一度寝たくらいで、いちいち男にほれるような年じゃないし」と言い放つ。

そんな事があってから数日後…
職場の後輩から「相談があるので今夜空いてませんか」とお誘いが…
「会社ではできない話?」と思っていたら、「好きです。」と突然の告白。
あまりにも突然の事で返事を保留にしてしまったが、その帰り際。
四条から連絡が入り会う事に…会うやいなや四条に触れられて、裕子は――

「後輩に触れたときはなにも思わなかったのに、この男は妙に安心する…」

セフレ関係から始まった恋は一体どうなるのか…
切ないけれど、きゅんっと胸が締め付けられる、オトナ女子におススメの一作。
続編もぜひぜひチェックしてみて!

サンプル画像

特設サイト NEW

電子書籍おすすめ特集

最終更新日:12月15日