({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
DL : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年04月23日
シリーズ名G博士の研究精果
年齢指定
作品形式
ファイル形式
PDF
/ EPUB3,mobi,HTML同梱
その他
ページ数332ページ
ジャンル
ファイル容量
4.94MB

作品内容

国をも陥れようと暗躍するDNAクラッカー。
 それに対抗し、阻止しようとするDNAハッカー(ホワイトハッカー)集団は二人の男(ヒーロー)に奇跡と希望を見た。

 一人は超人的な記録が元で全世界から生命を狙われ、幽閉されるまでに至った先天性リアルスーパーマン、群星光矢。
 そしてもう一人が、DNAハックを受けて強力かつ俊敏な肉体を構築することに成功した後天性リアルスーパーマン、蔵木宏彰である。
 超人幽閉で出会い、精巣ドーピングで絆を深めた二人が偶然にも、受精を利用したDNAハッキングによる後天的進化の可能性を大きく開かせた初めての人類となった。

 『テレゴニー』、『遺伝子の水平伝播』、『腸からの精液吸収』。
 これらの説や現象の組み合わせを具現化する蔵木は、変化してゆく己の身体に様々な不安と葛藤、そしてエロスも感じながら、男性が受精をする意味を大きく変化させ進化させた。
 そして、その具現化を群星と彼の精液が大きく後押しする。

 ある意味で、妊娠を超えることにもなる『男の受精』。
 人類はこれから、世代交代を待たずに進化できる可能性を広げていくのかもしれない。

通算50作品到達記念(偶然)。ゲイの、ゲイによる、ゲイのための、バイオSF大作(当者比)です。

約95K文字、A6文庫サイズPDFで332Pです。EPUB,mobi,HTMLも同梱しています。お好みのフォーマットでお楽しみください。
(体験版では第一章15ページまでご覧になれます。レイアウトの確認等にご利用ください。)

DNA Hackerの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「DNA Hacker」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件