ゲイ > 想元ライブラリー > 夜這いの村ーマタギ伝承ー

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年12月25日
作家 想元紳市
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数127ページ
ジャンル

作品内容

『流刑の島』の民俗学者・立花賢吾が帰って来た! あれから一年、今回、賢吾が調査のため訪れたのは、今も昔ながらの伝統を継承するマタギたちが暮らす秘境の村だった。

【あらすじ】
小笠原沖の太平洋上に浮かぶ孤島と男たちをめぐる哀しい結末に、ずっと喪失感を引きずり続けてきた大学教授の立花賢吾。
それから一年、たまたま講義を聞きに来た一人の男子学生の紹介で、山の奥深くにある秘境の村・太切村を訪れることになる。
戦前まで東日本各地に散在していたものの、今や事実上消滅したに等しい狩猟採集民マタギと、謎に満ちた固有の文化。だが、太切村では昔のしきたりと信仰を厳格なまでに守り続けるマタギたちが今も暮らしているというのだ。
賢吾は、奇妙で淫靡なマタギたちの儀式を体験し、野性的な男たちと交わる中で、ゆっくり再生の道を見出していく。

<本文から抜粋>
「マタギの風習を語る上で、とりわけ注目に値する点は非常に多くの禁忌、つまりタブーに彩られているということである。
例えば、狩猟では七という数字を忌み嫌い、七人で山に入ることをよしとしない。また、山では口笛を吹いてはいけない、道具を背中に担いだり鉄砲を跨いだりしてはならないなど、地域によって内容に違いはあるものの、細かなものまで含めると判明しただけでざっと百を超える約束事が存在していた。
そしてなにより賢吾の興味を引いたのは、女性排除の思想だった。
猟の拠点となるマタギ小屋は女人禁制である。そこでは女の話をすることすら厳禁されており、また狩猟シーズン中は女性の身体に一切触れてはならない決まりにもなっていた。さらには、男根そのものに対する崇拝までが見て取れる地域もある。
そうした女性排除の裏側に、何やら男色めいた匂いを嗅ぎ取ってしまうのは、賢吾自身がゲイだからということともちろん無関係ではないだろう。しかし、日本の祭祀や神事の中には、古来より男色と深く結びついたものが少なくないことは研究者の間でもはや常識だった。
野性的なマタギたちの間で、門外不出の男色行為が繰り広げられているとしたら……。」

***

■新作書き下ろし。
■総文字数約25000字。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ215332
ファイル名/ファイル容量
RJ215332.zip / 898.49KB
DLpt
 0
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「夜這いの村ーマタギ伝承ー」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件