ゲイ > 家有大貓製作組 > 家有大貓

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

神像には本当に守護神が宿り、神々も神を祀る舞台を見ているだろうか?林天遼の家族代々が乩童(霊媒者)であるが、今はただの大学生。そんな彼のもとに、ある日突然三人のネコ科獣人の神霊がやって来た。
彼は長く封印された霊力を得て、元々見えない神々を見えるようになったが、普通の暮らしも続かなければならない彼にとって、これは全然嬉しくないことだった。日常と非日常の間で、彼と三人の大猫の物語が幕を開けた。

=ゲームPV=
https://www.youtube.com/watch?v=xTnfnFjIM-8

=キャラクター=

-林天遼-

台湾南部の乩童(霊媒者)家族の末っ子。幼い頃から鬼神関係の事に興味が無く、将来は家族の事業を継ぎ、古臭い神職に就けなければならないことに悩んでいた。
今は台北の大学で、一年生として在学中で、ダンス部の部員であり、卒業したら、ダンス関係の仕事に就くことを真剣に考えている。
特に目立ったところはなく、普通のオタク大学生である。

-虎爺(林虎)-

「虎爺」は民間信仰の中では、虎をイメージにした神であり、最初は神々の乗物だったと伝われ、その後は独立な神格を持つようになり、守護神として現れるのが多い。虎爺を祀るお寺は多く、特に媽祖、城隍などの系統のお寺では多く見られます。
主人公の林天遼が田舎を出たとき、虎爺の分霊が宿っていた小さな神像を台北に持っていきました。林家の守護神として、林虎は林天遼に対して、生まれつきの保護慾があり、また大きいお寺の虎爺としての自尊心から、物語の中では、常に保護者の立場にあります。神としての虎爺は、一般的に名前はありません。林虎は林天遼が付けた名前です。

真面目に見えそうな外見とは裏腹に、流行に敏感な毒舌技術オタクである。

-雲豹(李克勞)-

既に絶滅した台湾雲豹は原住民のルカイ族の中では、重要な地位があります。ルカイ族の一部が今日の屏東霧台に移った時、ある雲豹がその地に留まり、その為、ルカイ族の人たちはそこに定住し、雲豹を神霊として祭ったという言い伝えもあります。

数百年来、霧台部落を守り、祭司の人選を探すために、台北へやって来た李克勞は、大学のある原住民の祭りをテーマにした演出で、林天遼を見つけた。元から家族の霊力を引き継いた林天遼は、雲豹に通霊の術をかけられ、それから神霊の本体を見ることができることになり、それから面白おかしい物語に巻き込まれることになる。

李克勞(リークラウ)はルカイ族の言葉では「雲豹」の意味であるが、彼はその様に呼ばれることにはあんまり気にしていない様だ。性格は単純で、常識に欠け、更に社会にもついていけないなので、面白い事をやってしまうのもしばしば。

-石虎(顏書齊)-

石虎は豹猫であり、夜行性動物であるため、また農家に害する様々なものを倒してくれるため、霊性のある動物と考えられています。石虎は農家の良き仲間であるため、ある意味守護神である虎爺とは、似てるところが色々あります。民間でも、石虎虎爺の伝説もあります。

苗栗のとある小さなお寺に祀られて石虎虎爺は、祀ってくれる人がなくなったため、魂が消えないように、やむなく林天遼の先輩である顏書齊に取り付く。普通の人から見れば、ただの大学生ではあるが、既に開眼した林天遼からみれば、彼の外見はケモナーである。彼は林天遼の力を借りて、お寺を復興したい一方で、先輩という身分を借りて、林天遼を自分から逃げられないようにしている。

活発な性格で、社交的なところは顏書齊本人と似ている。一体彼は顏書齊の性格は自分に近いだから、顏書齊を取り付く目標として選んだのか?それとも顏書齊に取り付けてから、影響を受けたのか?

=Lineスタンプ=
https://store.line.me/stickershop/product/1355944/

=必須動作環境=
Windows 7以上
Mac OS 10.6以上

=注意事項=
是非「家有大貓」の公式ホームページwww.nekojishi.twへ遊びに来てください。
どんな形のご支持もお待ちしております!

作品情報/動作環境

作品番号
RJ212355
ファイル名/ファイル容量
RJ212355.zip / 1.08GB (1158848663Byte)
DLpt
 0
注意事項
この作品は「中国語」「英語」で書かれた作品です。
この作品は「家有大貓標準版(RJ212420)」と内容の重複があります。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「家有大貓」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件