ゲイ > ミニクローゼット > 身体検査の日々

         
({{ product.rate_count }})
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年10月03日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数135ページ
ジャンル

作品内容

「勝手にトイレに行くこともできない。勝手に立つことも横になることも許されない。食べている食事も態度次第では没収される。下着を脱ぐように言われたら脱がなくてはならない。カンカン踊りと言われたらどこであろうと裸で身体検査を受けなければならないし、肛門検査と言われたらどこであっても俺たちに対してケツの穴を晒さなくてはいけない。理不尽な命令であっても決して逆らうことはできないし、人間としての尊厳を奪われたとしても仕方がないと我慢しなくてはならない。刑務所というのはそういうところだ」
刑務所に入るにあたっては、誰であろうと容赦なく行われる身体検査。
国家権力によってスッポンポンにひん剥かれ、体の隅々まで容赦なく調べられる。懲役たちは、男のイチモツであっても例外なく、脇の下や足の裏、耳や口、鼻の中、ケツの中であろうと全て、有無を言わさず調べられ、娑婆でのプライドを徹底的に剥がされる。
刑務所特有の身体検査であるカンカン踊りを何度もやらされ、自尊心を情け容赦なく砕かれた後、四つん這いにされて肛門検査まで行われる。ケツの中に指まで突っ込まれ、中をいじくりまわれ、男としての尊厳を崩壊させられる受刑者たち。
国家権力によって、粋がっていた男たちがプライドを剥がされ、己の無力さを噛みしめながらも、決して逆らうことができずに、屈辱を与えられるさまをお楽しみください。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ209932
ファイル名/ファイル容量
RJ209932.zip / 5.4MB (5661822Byte)
DLpt
 0
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「身体検査の日々」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件