({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
DL : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年08月22日
作家 想元紳市
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数145ページ
ジャンル
ファイル容量
996.59KB

作品内容

身勝手で自信家の男・修一が出張先で出会った純朴な台湾人の男・ウェイ。台北と東京を舞台に2人の5年に及ぶ遠距離恋愛の行方と破綻を描く、官能ラブストーリー。

【あらすじ】

“二人の関係は、決して誠実でもなければ、美しくもなかった――。
俺には時間が必要だった。すんなり胸に落ちてこない現実。それを整理するには、出会いから別れまでをもう一度振り返る必要があるのだろう。”
 
父親の経営するPR会社で副社長として働く西澤修一は、元ラガーマンの肉体と容姿に恵まれていることもあって自信に満ち溢れ、わがままで自己中心的な生き方に徹している。それは男遊びに関しても同様だった。
 そんな修一が、出張で訪れた台北で出会ったのが、純粋で素直な台湾人のリウ・ウェイ。単なるビジネス上の繋がりが、いつしか特別な関係へと変貌していくものの、修一の性格がそう簡単に変わるはずもなく。
 2010年夏の出会い、そして日本を揺るがす大災害が起こる2011年3月までの物語。

<本文から抜粋>
 シャワールームから洩れてくる水音を聞きながら、俺は期待に胸を弾ませた。
 台北に来て、複数の男たちと肌を合わせた。だが今回はちょっとばかり違う。これまでは言ってみれば、夜の顔をした男たちばかりだ。
 真剣に通訳を務める、昼間のウェイの顔を思い出すと、どうしようもなくときめく。聡明で端整な顔が、どんな風に快楽に歪むのか、妄想がとめどなく膨らむ。
 俺は、ベッドのヘッドレストにもたれて座った。タオルを剥ぎ取って全裸になる。そそり立ったまま少しも落ち着きを見せない性器に手をやる。軽くいじっているだけで、快楽の火が灯り、俺はそのまま自慰を始めた。
 普段から先走りが出るのは早い体質だ。すでに我ながら呆れるほど濡れている。
 手のひら全体で、先端を包むように愛撫すると、じんわりと熱く火照ってくる。
「ふう――っ、は――っ……」
 目を閉じて、湿った吐息も漏らす。次に目を開けたとき、ちょうどウェイがバスタオルを腰に巻いた状態で、シャワールームから出てきたところだった。いまだ白い湯気が裸体にまとわりついている。
 ウェイは、俺の淫らな姿を目の当たりにして、その場に立ちすくんでいた。

***

■新作書き下ろし
■<前編>の総文字数28000字超。
■2011年3月から2015年に至る2人のその後が描かれる<後編>は近日配信。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「再見-台北の男【前編】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件