ゲイ > Gradual Improvement > 年上ボトムヒーローvs年下トップヒール > ローションタッグマッチ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

藤橋がよくお世話になっていた他団体の代表、武本から久し振りのオファーが届いた。
 二人は相思相愛でありながら、お互い気付かずに年月だけが経過してしまっていた。
 武本は藤橋似でやや小柄な団員と付き合いながらも、藤橋のことが諦めきれずにモーション掛けようと企んでのオファー。
 藤橋はファンから同じ団員となった誠太と付き合いつつも、リング上では常に敵対する立場にならざるを得ないことから、他団体への出向なら敵対せずにペアになれると考えタッグを提案。

 微妙に噛み合わない思惑で迎えた試合はローションタッグマッチ。
 武本は藤橋の変化と誠太の態度から確信を持ち、かつてない大胆なモーションを仕掛ける。
 ローション塗れでぐっちゃんぐっちゃんに組んず解れつした挙句、藤橋を全裸にひん剥く武本。一人スポットライトを浴びながら超完全勃起を観客に晒してしまう藤橋。
 試合後のリング上で、武本はタチ一人ウケ一人、相手指定、先にイカせた方勝ちのタッグマッチ延長戦を布告するが、躊躇する藤橋より先に武本への嫉妬に燃える誠太が応戦宣言をしてしまう。

約33K文字、A6文庫サイズ112Pです。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ200310
ファイル名/ファイル容量
RJ200310.zip / 1.6MB (1682236Byte)
DLpt
 0
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

ローションタッグマッチの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ローションタッグマッチ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件