({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
DL : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年01月31日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数96ページ
ジャンル
ファイル容量
604.08KB

作品内容

奇しくも、同じ生年月日を持ち、同時期に同じ部屋へと入門した若い二人。
 一緒に頑張って上を目指そうと意気込むも、二人の番付の差は広がっていく一方だった。

 春元は関取に、吉内は序二段に留まったままで迎えた成人。
 春元の成人祝いと称した関取衆だけの飲み会の中で吉内の話題が出ると、関取衆は吉内も祝おうと呼び出した。
 しかし、呼び出された吉内は『番付も上がらないのに辞めない奴は男好き』と決め付ける関取衆に輪姦されてしまう。
 春元は距離を取って無関係を装ったが、先輩関取の指図により結局は春元も吉内を犯してしまうことになった。

 完全に崩壊したかに見えた二人の関係。
 しかし、事態は意外な方向へと動き出し、かつて同等だった二人は、全く異なる立ち位置から同じ目標に向かって進む強固な絆を持った親友となっていく。

 早い出世、大横綱、部屋持ちの親方と、表舞台をひたすら歩んで行く春元。
 その縁の下には、序二段止まりの、しかし、春元には欠かせない唯一無二の相棒、吉内の存在があったのだった。

約28K文字、A6文庫サイズ96Pです。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「縁の下と上」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件