ゲイ > 根雪堂 > 粘膜地獄 > 粘膜地獄-前立腺編-

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 根雪堂フォローする
販売日 2016年12月31日
シリーズ名粘膜地獄
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

「粘膜地獄」第三弾は「乳首編」「亀頭編」と続いたシリーズの完結編「前立腺編」になります
前立腺の快感を知ってしまった主人公は夜な夜な一人でエ○マグラをケツに突っ込み繰り返すドライオーガズムに身をくねらせていた…しかし…これでは足らない…やはりいきり立った肉棒で思い切り突き上げて欲しい…
そんな悶々とした身体を持て余し今日もサウナに足を運ぶ主人公「今日は俺の身体を満足させてくれる男に出会えるのだろうか…」
薄暗いスチームサウナに足を踏み入れた途端鼻をつく男の臭い…目を凝らすと汗だくになってひざまづく男の口に自らの肉棒をつき立てている男と目が合う…その男は目をそらさずに主人公に向かって肉棒を見せつける…
その肉棒は男の腹を突くかのようにそそり立ちそして湾曲していた…あの肉棒なら…俺の前立腺を貫いて俺の身体を満足させてくれるのでは…そんな主人公の心中を察したかのように男はサウナを出る瞬間主人公にささやきかける
「4階の奥の部屋…」
主人公は男の後を追って階段を駆け上がる…ただ己の身体を満足させるためだけに…

※データ版のみの特典でフキダシ、効果音、集中線などを取り除いた絵のみを楽しめるバージョンがついています!※

根雪堂フルカラー本第8弾
表紙込み28ページ A5版

作品情報/動作環境

作品番号
RJ190975
ファイル名/ファイル容量
RJ190975.zip / 141.96MB (148851010Byte)
DLpt
 0

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「粘膜地獄-前立腺編-」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件