ゲイ > ミニクローゼット > 応援団団長~奴隷の三日間~

         
({{ product.rate_count }})
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年08月02日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数75ページ
ジャンル

作品内容

K大学応援団とライバルであるM大学応援団は大学の交流試合の総合成績で争っており、負けた方の大学の応援団団長は三日間、相手の応援団の奴隷になるという伝統があった。総合成績でM大学に負けてしまったK大応援団団長である賢一は、伝統にのっとり、応援団団長としての地位を奪われ、三日間、M大応援団の奴隷になる。
「負けてしまったのは、甘ったれた自分の根性とくだらないプライドのせいだ」と思った賢一は、敗北を受け入れ、M大応援団から底辺の存在として扱われることで応援団団長として天狗になっていたであろう自分を叩き直そうと考える。しかし、M大応援団からの肉体的及び精神的屈辱により、応援団団長としてのプライドだけでなく、男としての矜持や人間としての尊厳までもが徹底的に奪われてしまう。
応援団団長としてK大応援団のトップであるにもかかわらず、衣服を着ることもできず、一切の自由を奪われ、年下からも嘲笑的な言葉を吐かれ、馬鹿にされる。股間を隠すどころかケツの穴まで見られて、今まで人生で築き上げてきたであろうプライドを容赦なく完全に剥がされる。
K大応援団団長としての地位はなくなり、全裸での四つん這い歩行、公開マスターベーション、剃毛、女子の前での恥ずかしい自己紹介、犬食い、ケツ芸、便所掃除までさせられる屈辱。
奴隷契約を結んでしまった硬派でまじめな応援団団長が三日間、奴隷として扱われるのをお楽しみください。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ181766
ファイル名/ファイル容量
RJ181766.zip / 895.09KB (916573Byte)
DLpt
 0
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「応援団団長~奴隷の三日間~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件