({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
DL : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年07月12日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数134ページ
ジャンル
ファイル容量
718.35KB

作品内容

憧れで、目標で、超えなければならない壁。

 同じ学校、同じ進路。
 この競技を始めてから、俺は常に先輩の後を追い掛け、追い越そうと努力してきた。
 でも、なんだか今ひとつ実感が湧かないのは、学年が5つも離れているから。
 現実には対戦することのない人の、記録だけを追い掛ける。同じ学歴なのに。
 ……って、その先輩はまだ大学に(正確には大学院に)在学していて、一緒に練習したこともあったらしいのに、全然気付いていませんでした、俺。

 だって、俺よりデカい人だとしか思ってなかったもんよ。って、何をどう言っても言い訳にしかならないけどよ。
 でも、よく見れば、背は低いものの体幹はがっしり。確かに、実力者であることには違いは無かった。
 でも、それよりも気になるのが、お子ちゃまみたいな可愛らしい顔と正反対を行く怒涛のくっきりはっきりもっこり。
 その投擲にも、身体にも、顔にも、あそこにも、衝撃を受けまくった俺はその日から先輩のことばかり思うようになっていた。

約41K文字、A6文庫サイズ134Pです。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「俺の砲丸投」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件