ゲイ > Gradual Improvement > 陽出よ~でる > 御恩返し返し

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年06月21日
シリーズ名陽出よ~でる
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数59ページ
ジャンル

作品内容

とち狂った先生達の暴挙と、そんなときにだけやけに従順に先生に従う生徒達の連携プレーにより、校内で何度も公開射精させられるハメになった俺、出水田陽出。
 ようやっと卒業の日を迎えることになり、数々の理不尽な公開射精授業を振り返りながらも、俺は清々しい気分になっていた。
 ここの先生達と縁が切れれば、もうこんな目には合わずに済むようになるだろう。
 そして、俺の大好きな柴崎とは、次の学校でも一緒だ。
 玄川? ああ、あいつは成績が足らなくて、親の権力使っても俺達が進学する学校には不合格どころか受験すらさせてもらえなかったよ。
 つまりは、この学校で蓄積した俺の懸念材料が完全にクリアになるのだ。やったね!

 感慨に耽っていると、玄川が妙な提案をしてきた。
 何? 先生達に御恩返し?
 まぁ、今までやられてきた分くらい、やり返しても良いかもね、と気軽にOKしたら、卒業式の後、玄川はきっちりと先生達と多くの生徒達を集めてきた。
 かつてない人数がごった返す理科実験室で、先生達を取り囲んで御恩返し……のはずが、その先にはまさかの大曇天返しが……。

約18K文字、A6文庫サイズ59Pです。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ179512
ファイル名/ファイル容量
RJ179512.zip / 754.54KB (772651Byte)
DLpt
 0
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

御恩返し返しの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「御恩返し返し」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件