ゲイ > 飛田流 > ヤリてぇぇっっっ!!!

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 飛田流フォローする
販売日 2015年12月29日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
HTML / EPUB同梱
その他
ジャンル

作品内容

少子化に伴う大学受験生の減少、現役志向の高まりが逆風となり、某大手予備校が全校舎の約7割閉鎖。
 将来、そんなことになるなんてまだ誰も思っていなかった時代に俺と明範は出会った。

 受験も押し迫ったある日、本屋のアダルトコーナーで明範を見つけた俺は……
「おーいアッキー、何エロ本読んでんだよー」
 すると明範の顔が、みるみるうちに真っ赤になり、
「……アッキー、おいっ!」
 逃げるようにダッと外へ駆け出した。

 これだけだとよくある話だと思うんだ。
 ところが

(中略)

 明範が、突然俺の体にギュッと抱きついてきやがった!
「智、ここで……してもいい?」
「…………は?」

 ど う し て こ う な っ た 。

「僕だって、男だもん……ヤリたいんだ」
 熱っぽい顔をした明範が俺に近付いてくる。
 あーっ……どーすりゃ、いいんだよ!


 飛田流初期短編作品。
 400字詰原稿用紙換算約65枚。作品の一部を収録した無料体験版あり。
 HTML・PDF・EPUBの三形式作品ファイル同梱。(内容はすべて同じです)

 ●飛田流ホームページ 「WANDER STYLE」
 http://hidaryu.h.fc2.com/

作品情報/動作環境

作品番号
RJ168423
ファイル名/ファイル容量
RJ168423.zip / 385.28KB (394522Byte)
DLpt
 0
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ヤリてぇぇっっっ!!!」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件