ゲイ > L同盟 > 英雄は性奴隷

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 L同盟フォローする
販売日 2015年07月24日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数32ページ
ジャンル

作品内容

ほんの少し前までは、闘技場の中で歓声と賞賛を浴びていた英雄が、同じ太陽の下で少年達のあざけりと性欲に囲まれて喜んでいる。

  漆黒の髪に、鋭くそがれた頬。意思の強そうな眉に鋭い眼光。高い鼻の先にある唇は、どんな相手にも厳しく結ばれたまま、勝利をしても笑みの形にゆがむことはない。褐色の肌は、鎧のようなみっしりとした筋肉を包んでいる。発達した胸筋と、くびれた腰。小さな尻に、女の胴ほどもあろうかというふともも。盛り上がったふくらはぎと、ひきしまった足首に力強い足。盛り上がった二の腕と、大きな手を有しているデチモのすべては、ティーオのもの。
 彼はどれほど魅力的な女性に誘われても、試合が終わればティーオの部屋へと急いで戻る。それは彼が、一秒でも早く清楚で可憐な支配者からの褒美を、求めているからだった。
「おかえり、デチモ」
 透けるように白い肌と、小麦色の髪をしたティーオが、深い海の色をした目を細める。彼の体は、薄い衣一枚で覆われているだけだった。窓から差し込む光に、未成熟な体が透けている。デチモはティーオの、見た目からは想像もつかないほど、立派な陰茎に目を止めて喉を鳴らした。そこが頭を持ち上げていることに安堵し、褒美の予感に腰をわななかせる。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ159249
ファイル名/ファイル容量
RJ159249.zip / 497.66KB (509607Byte)
DLpt
 0
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「英雄は性奴隷」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件