ゲイ > 飛田流 > 勇一・大吾シリーズ > 他言無用! (前篇)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

『大吾、走る。』『一枚上手』『囚われの姫君』に続く、勇一・大吾シリーズ第四弾。

 スポーツクラブで偶然出会った、美しい青年田上勇一と、むさくるしい巨漢安岡大吾。
 互いに一目で惹かれあうものの、それぞれがゲイであることをカミングアウトしていなかったため、「友人」からの距離がなかなか縮まらないでいた。

 その後、一夜の出来事がきっかけで、関係が疎遠になってしまった勇一と大吾。
 それから三か月が経ち――

 大吾のことが忘れられず、かつて二人で一緒によく酒を飲んでいた焼鳥屋に勇一は向かうものの、その途中で、上司谷越と偶然出くわし、彼の「秘密」を知ってしまう。
 翌日、勇一が勤める職場にて――
「今日、田上君は私と昼食の約束があってね」
 大吾と会わない間に、勇一と谷越との距離が縮まっていく。

 一方、勇一からの連絡が一向にないことにしびれを切らした大吾は、勇一と再会すべく、またもやある行動に出るが……。


 400字詰原稿用紙換算約128枚。
 シリーズ物ですので、ご購入の前に、できればこれまでの『大吾、走る。』『一枚上手』『囚われの姫君』もご購入いただくか、あるいは各話体験版・作者サイト「勇一・大吾シリーズ」の解説ページ(http://hidaryu.h.fc2.com/yu-dai-kaisetsu.html)をご覧ください。

 作品ファイルは、HTML形式・PDFファイルの他に、今回よりEPUBファイルも添付しました。(内容はすべて同じです)


 ※タイトル通り、前篇のみ(未完結)ですのでご注意ください。


●飛田流ホームページ 「WANDER STYLE」
http://hidaryu.h.fc2.com/

作品情報/動作環境

作品番号
RJ158301
ファイル名/ファイル容量
RJ158301.zip / 675.02KB (691217Byte)
DLpt
 0
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「他言無用! (前篇)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件