ゲイ > Gradual Improvement > ミルクタンク

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

特異体質の僕の悩みは、大き過ぎる金○と、多過ぎる精液。

 ついに気付かれて、武藤くんに見せろと言われて、弄られちゃった。
 堪えきれなくて大射精したら、ぶっかかっちゃった。でも、それで武藤くんは、僕の精液の旨さに目覚めちゃったのだった。
 日々、飲まれていると、加藤先生には見つかるわ、尾藤くんまで巻き込むわで、ついには三人にしゃぶられる毎日へ。

 すると、なんと!
 両乳からもミルクが……

約26K文字、A6文庫サイズ92Pです。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ157055
ファイル名/ファイル容量
RJ157055.zip / 920.7KB
DLpt
 0
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ミルクタンク」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件