ゲイ > 熊親父画廊 > コスモクリーナーG

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年04月14日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

西暦2199年、ヤ◯トはイス◯ンダルへの航海への途中であった。ガミ◯ス艦隊の猛攻を波◯砲で殲滅したヤ◯トは、24時間の完全休息体勢に入った。
「もうたまらんのう、今すぐイクからな」と誰かの褌を嗅ぎながら自分の股間をモミモミする徳◯機関長。
「お、俺より他の男が良いんですか?俺にオトコの味を仕込んだのはあんただ!徳◯機関長!!」と詰寄る◯藤に、機関長は秘密ブロックに斉◯を案内する。そこで待っていたのは艦長の◯田だった!!
「斉藤、沖田はな、艦内じゃトップで威張ってるが ココじゃ俺たちの奴隷、いや犬なんだよ」
こうして秘密ブロックで◯田をいたぶりはじめる◯川、その2人の行為に嫉妬しながら興奮する
◯藤、、さらにあの人までが参加して、行為はエスカレートしていく。
だが、このプレイの裏にはある事情があった事を◯藤は知らなかった。

2011年野郎フェスで頒布した新刊です。ヤ◯トの◯川さん、◯藤くん、佐◯先生が◯田艦長を
いたぶりまくります。
緊縛、鞭打ち、ロウソク、飲尿、キリモミ、2本挿しなどなど、自分の欲望をたっぷり詰め込みました。

本文32pです。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ153376
ファイル名/ファイル容量
RJ153376.zip / 13.69MB
DLpt
 0

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「コスモクリーナーG」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件