({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
DL : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 L同盟フォローする
販売日 2015年03月03日
作家 水戸もない
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数30ページ
ジャンル
ファイル容量
609.73KB

作品内容

同じ道場で切磋琢磨する仲間。
 そのうちの一人。裕福な商家の息子が、吉原に行った。
 我らはおおいに酒を呑み、その話に聞き入った。
 そして、仲間の内でも胸筋の素晴らしい某の背後に回った友人は、某を女に見立てて懐に手を入れた。
 まさかそれが、見立てられるだけで済まぬ事になろうとは。

----------------------------------------------------

「ああ、やめっ、外で……たのむ、せめて外で」
「孕む心配が無いんだから、かまわないだろう」
「いやだっ、やめ、ぁ、ああっ、あぁああああ――~~~~っ!」
 短い呻きと共に、熱いものが某に注がれた。
 種付けをされた。
 その瞬間、何かが音を立てて崩れた。
「は、ぁ、あ、あ、あ」
 痙攣する某から、ずるりと魔羅が抜ける。それを追うように、尻口がひくついているのがわかった。欲しがっているわけではないのに、餌をねだる鯉のように動いている。
「良い心地だったぜ」
「じゃあ。次は俺だ」
「おぐっ」

----------------------------------------------------

 かわるがわる、友に犯された某は――。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「独艶-とある武士の話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件