({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
DL : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 L同盟フォローする
販売日 2014年10月14日
シリーズ名日吉丸
作家 水戸もない
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数30ページ
ジャンル
ファイル容量
488.2KB

作品内容

盗人一味を捕らえたものの、アジトの場所を吐きそうに無い。
 そこに現れたのは、精悍な顔つきの偉丈夫・高宮と、愛らしい顔立ちの少年、日吉丸。
 高宮が、さっさと吐かせろと日吉丸に命じる。

「大丈夫。僕の拷問は痛くないから」
 日吉丸の目が、妖しく光った。男の着物をつかみ、胸元をくつろげる。鍛え抜かれた胸筋が現れた。その盛り上がりが、縛る縄に挟まれて強調されている。
「うわぁ。鍛えてるんだね。そうだよねぇ。押し込みをするときは、腕っ節なんかも必要だもんねぇ」
 打たれて避けた皮膚に、日吉丸は顔を押せた。滲む血を舐め、くすりと笑う。
「最高の地獄の中で、白状させてあげる」
 得体の知れないものを感じ、男の背筋がゾクゾクと震えた。日吉丸は邪気の無い笑みを浮かべ、男の胸筋を舌でまさぐる。裂傷をなぞり、胸筋の谷を滑って尖りに到達した。
 日吉丸は乳首に吸い付き、男の顔を見上げる。男は眉間にしわを寄せて、目をそらした。日吉丸は胸乳に舌でたわむれながら、男の股間に手を伸ばし、袋ごと押し上げるように握った。驚いた男が高宮を見る。高宮は眉一つ動かさず、つまらなさそうにしている。男はそこで、これが自分にアジトを吐かせるための拷問なのだと知った。
「いっぱい我慢して、僕を楽しませてよね」

-----------------そして、快楽という名の拷問が始まる。-----------------

「ほらほら。ねぇ、イキたくないの? こんなに先っぽから汁を溢れさせて、女の人みたいだよ。ねぇ……遊女屋で、女の人のホトもこんなふうにビシャビシャに濡らしてたの? おじさんの陰毛が濡れ光ってるみたいに、女の人を濡らしてチ○ポ突っ込んで、グチャグチャに掻きまわしてたの? 思いっきり擦りつけて子種を吹き上げるの、気持ちよかった?」

日吉丸ー盗人の詰問の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「日吉丸ー盗人の詰問」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件