({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
DL : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 L同盟フォローする
販売日 2014年09月30日
シリーズ名現代・学生もの
作家 水戸もない
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数36ページ
ジャンル
ファイル容量
374.85KB

作品内容

大学の柔道同好会の面々で、一人暮らしの先輩の家に集まり、酒盛りをした。男性用のブラジャーがあるという話が前に挙がった事があり、全員が盛り上がった胸筋をしており、前々から「自分はDカップだ」「Cカップだ」などと冗談めかして言っていた事もあって、酒盛りの余興として、メンバーの一人が購入をしてきていた。誰が着るかという話になり、ゲームで決めようとなって、和也は見事な下手っぷりを発揮し、着る事となってしまったのだった。

-----------冗談のつもりだったのに--------------

「やっべぇ。コーフンしてきた」
「俺も」
 酒の酔いとは違うものが、和也を囲む同好会の面々から発せられる。首筋にかかる息の荒さが、性的なものを含んでいることに気付き、和也は戸惑った。
「ちょ、本気シャレなんねぇっスから、ちょっ、ぁ」
 男らしい節くれだった指が和也の胸筋をもみくちゃにする。荒い息に囲まれ、和也の息も熱を持ち始めた。それと呼応するように、陰茎が頭を上げる。
「なんだよ。和也もヤラシー気分になってんじゃん」
「うえっ、ちょ、先ぱ……っ」
 和也の下半身の変化に気付いた者が、ニヤニヤしながら手を伸ばし、ショーツの上から陰茎を撫でた。
「可愛いパンツから、チ○ポの頭がコンニチワしてんぜ。はしたねぇなぁ」
「んあっ、ちょ」
 ショーツのゴムが陰茎のクビレにかかるようにずらされ、亀頭がピョコンと顔を出した。
「やっば。エッロ!」

-----------火の点いた若い性は止まる事を知らず--------------

 陰茎が上あごを擦り、喉奥を突く。込み上げる嗚咽と共に唾液が溢れて、和也の口からあふれ出た。
「おふっ、がはっ、ぁ、はぶぅうっ」
 次々に突っ込まれる陰茎に乱され、湧き上がるものを飲み下そうとする本能から、自然としゃぶってしまう和也のすぼまった頬が、内側から押し上げられて顔が歪む。
「んふぅうっ、ふぅうっ、んぶぉふぅう」
「やっべぇ。これ、クセんなりそう」
「おい。早くしろよ」
「お前は、さっきヤッただろ」
 和也の意識は朦朧として、自分が何をされているのか、何をしているのかがわからなくなってきた。口内の陰茎を吸うことに抵抗がなくなるどころか、口腔が性感帯であることを知り、自ら舌を伸ばしてしゃぶる。
「やっとノッてきたなぁ、和也ぁ」
「んぶっ、んはっ、はんっ、ぁ、あは、んぐっ、んぅうっ」

部了解-ブラジャーの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「部了解-ブラジャー」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件