ゲイ > 蒔瀬文庫 > 忍者雄茎伝シリーズ > 忍者雄茎伝~真・魔剣黒魔羅之章~

         
({{ product.rate_count }})
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年08月29日
シリーズ名忍者雄茎伝シリーズ
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数合計178ページ
ジャンル

作品内容

天下の雄屋としてその道では有名な『大魔羅城』
数多の雄が日々互いの欲求を満たし吐き出し合う肉欲の檻。漏れ出す喘ぎ声と雄臭が次から次へと新たな雄を惹きつけ、城内は常に雄の色気に満ち溢れている。

その大魔羅城の何処かに隠されたと言われる伝説の魔剣『黒魔羅』
種汁を思わせる白銀の刀身と、黒光りする魔羅を思わせる漆黒の柄を持ち、手にした者に最高の快楽を与えると言い伝えられている。

忍者・影丸は里からの命を受け黒魔羅の奪還に挑む事となった。忍者としての力量も、雄の忍者しかいない里での絶倫具合も里の中では優秀な影丸だからこその危険な任務であろう。

かくして、影丸は全身を黒装束に包み込むと、任務前の魔羅の扱き合いを仲間と済ませ足早に大魔羅城へと向かうのだった。
――――――――――――
pixivで投稿していたゲームブックを大幅加筆し、新キャラや新ルートを追加したデータ作品です!
総ページ数200近いテキストで描写される雄たちの濃厚な性描写の先で、あなたは『魔剣黒魔羅』を入手することが出来るのでしょうか!?

作品情報/動作環境

作品番号
RJ140580
ファイル名/ファイル容量
RJ140580.zip / 12.86MB (13486568Byte)
DLpt
 0
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

忍者雄茎伝~真・魔剣黒魔羅之章~の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「忍者雄茎伝~真・魔剣黒魔羅之章~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件