ゲイ > Gradual Improvement > がぶり寄り > 流星

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年08月18日
シリーズ名がぶり寄り
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数94ページ
ジャンル

作品内容

かつて、空前の相撲ブームが起きた。俺はその主役たちより数年早く入門し、僅かに年上で、番付も先行していた。しかし、俺は自分の不祥事とブームの主役たちからの陵辱により、出世街道から外れていってしまう。手の中にあったはずの白星がさらさらと流れていく。しかしその一方で、情事は形を変えて続いていった。


常錦関
当時角界最大規模の部屋で若くして部屋頭を張るブーム直前の若手最大注目株。177cm、140kg弱。時間感覚が常軌を逸しているのか、相撲も頭脳もスピーディー。ただし、ちょっと短絡・空回り癖がある。


明登関
相撲ブーム主役の一人。外国人力士。入門は遅いが歳は常錦関と一つ差。とにかく背が高くて2m級。手が長い、足が長い。ベースがデカいので身体ができてくると200kg突破も時間の問題に。仏頂面で、もぐもぐとはっきりしない語り口は慣れない異文化によるものなのか。


勝ノ華関
相撲ブーム主役の一人。光ノ華関の兄。歳は常錦関と二つ差。身長・体重は常錦関に近く、小兵力士にグルーピングされることもあるが、若干、常錦関よりも線が細いイメージ。計算高く、技巧派で時にトリッキーに見えてしまうような取り口も。


光ノ華関
相撲ブーム主役の一人。中卒で兄と同時入門のため歳は常錦関と四つ離れる。横綱・大関に多く見られる身長・体重のバランスを持っており、実力的に一番期待される。取り口も正統派。寡黙でストイックだが、時に恐ろしいほどの闇を垣間見せることも。


約30K文字、A6文庫サイズ94Pです。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ139410
ファイル名/ファイル容量
RJ139410.zip / 578.45KB (592335Byte)
DLpt
 0
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

流星の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「流星」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件