>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年07月05日
シリーズ名現代・学生もの
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数36ページ
ジャンル

作品内容

モゾリと下半身で何かが動く気配がした。こんだけ人がいるんだ。時計を確認するとか、体勢を変えるとかしたら、そういうこともあるさ。と、思ったが何かが違う。モゾリ、モゾリと動くものは俺の太ももを撫でているように感じる。気のせいだ。男の足なんか撫でて楽しいはずが――。
「っ!」
 太ももをさぐっていたものが、俺の股間に触れた。サワサワとくすぐるように触れてくる感覚は、故意にしか思えない。けれどまさか男のチ○ポを満員電車で撫でる奴がいるとは信じられなくて、俺はやっぱり気のせいだと思おうとした。

 けれど――

 チ○ポがウズウズして、袋がジンジンしているような気がする。尻の谷を直に撫でられて、気持が悪いはずなのに興奮してる。
 興奮してる?

 そして――

 俺はすっかり痴漢の手淫の心地よさに酔ってしまった。触られていない乳首がウズウズする。チ○コが心地よくて、ケツはなんだかよくわかんねぇけど、電車の中でこんなことになってる背徳感というのか。そういうものに苛まれて、すっげぇゾクゾクしてる。嫌なはずなのに。その「嫌なはず」が、興奮に油を注ぐ。
「気持ちいいんだ」
 クスクスと耳元でささやかれ、ハッとした。顔に出ちまってたかと慌てる。
「違う」
 小声で返した。
「嘘つくなよ」

電車の中でチ○ポいじられ、ギンギンなコレ、どうすんの?!

 自由参加の大学の校外学習に参加すべく、俺は駅に向かった。昨日から大雨洪水警報が各地で発令されていたけれど、明け方には止んでいたし、大丈夫だろうとふんでいたが甘かった。
 遅延している満員電車でチ○ポいじられイカされて。
 駅につくまで好き放題された後に、人気の無い公園に連れて行かれて交Guy学習!

作品情報/動作環境

作品番号
RJ137533
ファイル名/ファイル容量
RJ137533.zip / 428KB (438271Byte)
DLpt
 0
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

交GUY学習の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「交GUY学習」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件