ゲイ > L同盟 > 傭兵バッケス > 傭兵バッケスー淫樹の森

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 L同盟フォローする
販売日 2014年06月30日
シリーズ名傭兵バッケス
作家 水戸もない
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数32ページ
ジャンル

作品内容

短く刈り込んだ黒い髪。
 四角い顔は黙っていれば剣呑だが、肉付きのいい頬を持ち上げると、人懐こい印象に変わる。
 太い首の下には隆々と盛り上がった胸筋があり、小柄なバッケスのよく発達した胸筋は目立った。
「精気を吸う魔物か何か知んねぇが、この俺の膂力は底無しよ。簡単に干物になんか、ならねぇぜ」
 森に魔物が現れ、好物の蜜酒リカムの原料が採取できないと聞き、傭兵バッケスは退治に行く事にした。
「もちろん、その魔物退治に懸賞金は出ているんだろうな」

 意気揚々と出かけるバッケスだったが…………

 クリクリと亀頭を責められ、バッケスの腰が震える。快楽に流されまいと緊張するバッケスの四肢に力が篭った。張りつめた彼の、女の胴ほどもある太ももに蕊が絡み、足のつけ根を刺激する。
「ひふっ、やめ、ぁ、ああ」
 小刻みに震えるバッケスの反応を楽しむように、蕊は彼の下肢を焦らすように責めた。

 植物に犯されるバッケスは――?!

触手に襲われるガチムチ

 魔物退治に出かけた傭兵バックスに花蕊が絡む!
 花粉にまみれ、乱されるバックス。

「ひぎっ、ぁ、あぁ、そんっ、なぁあ」
 ずるずると尿道に蕊が沈み、蠢く。潤んだ目を見開いたバッケスは、自分の鈴口に刺さった蕊を見た。それが、うねりながら出入りしている。
「ぁ、あはぁああっ、ションベン穴ぁあ、ぁ、ほじられてっ、ほじられてるぅう」

 バックスは魔物を退治できるのか?!

作品情報/動作環境

作品番号
RJ137258
ファイル名/ファイル容量
RJ137258.zip / 548.23KB (561384Byte)
DLpt
 0
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

傭兵バッケスー淫樹の森の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「傭兵バッケスー淫樹の森」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件