ゲイ > でれすけ出版 > 熊田棟梁のオラネコ肉便器労働組合

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年02月04日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

熊田組棟梁の熊田は、ケツモロ感の淫乱江戸ッ子野郎で気が短い。
仕事は丁寧で早いと評判だが、部下には厳しい一面も…。

だが面倒見の良い棟梁は、飴と鞭で巧みに部下から信頼を得ていく。
その飴と鞭とは…

「まったく棟梁は待てないんやから」
そう呆れつつも、深々と自分の肉棒を捻じ込んで快楽に浸る関西出身、猪崎(イノッチ)。
「新入りも俺等のぐちゃぐちゃザーメンマ○コで棟梁と一つになってみろよ」
そう言って、新入りを優しく迎え入れる巨漢、班田(ツートン)。

「ととと…ッ、とんでもねえ組に入っちゃったあ…」
誘われた新入りの虎クンは、驚きを隠せず立ちすくんでいたが、
棟梁が身悶え感じる様を目の当たりにすると、
包茎チ○ポの皮をめくり、棟梁の雄汁が臭い立つソレに当てがわずにはいられないのであった。

棟梁の気が狂う程に熟れたマ○コでみんなが一つになる、超交尾(ガチバトル)に
どうぞご期待ください(*^-^*)

作品情報/動作環境

作品番号
RJ129001
ファイル名/ファイル容量
RJ129001.zip / 23.16MB (24284407Byte)
DLpt
 0
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「熊田棟梁のオラネコ肉便器労働組合」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件