ゲイ > わくわく城下 > 目撃(リーマン編)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年12月16日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数84ページ
ジャンル

作品内容

▼羞恥、凌辱、屈辱、屈服を4本柱のテーマとしているオリジナル小説です。
※リーマン編とありますが、これ単品でも問題なくお楽しみいただけます。


僕は全部見ていた。
会社の先輩、霧嶋さんがあらゆる人たちに辱められていくのを。

****************************************************************************

『どうして止めて欲しいのか、その理由をちゃんと聞かせてくれるなら、考えてあげてもいい』

『…………………っ』

『ふふっ、言えないなら、私が変わりに言ってあげようか。ココをこうして強くされると、
まるで電流が突き抜けるみたいに快感が込み上げてきて、何も考えられなくなる。そうだろう? ほらっ、ほらっ、もっと突いて擦ってあげよう』

『やめ――んっ、ぅあ、あっ、あぁ………くっ』

『いい感じだ、中がぴくぴくうごめき出して…………ああ、君のここも喜んでいるようだね』

****************************************************************************

「あれ~、霧嶋さん、もう硬くなってきたけど、いくら何でも早過ぎない? 敏感なんだ~、それとも溜まってた?」

言いながら、揃えた指先にのせた陰嚢を軽く揺さぶる。

「違うだろ、口ではエラソウなことほざいてても、ナオキにされんの期待してたんだよ」

「はははっ、だったら嬉しいな。………ああ、裏筋ゴリゴリされるのがイイみたい、これでどう?」

「っ………んっ」

「唇噛んで必死だね。でも俺も負けないからね~」

****************************************************************************
※全84ページ

※登場人物が増えてしまったため、リーマン編においては『K』や『A』といった名称は止めて、ちゃんとした名前をつけさせてもらいました。

※強制的に女性とセックスさせられるシーンが出てきます。

※一冊丸ごとサイト未収録作品になります。

※サイトにもっとたくさんのサンプルを載せています。
http://wakuwakutown555.web.fc2.com/

作品情報/動作環境

作品番号
RJ126479
ファイル名/ファイル容量
RJ126479.zip / 1.23MB (1290485Byte)
DLpt
 0
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「目撃(リーマン編)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件