({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年07月06日
シリーズ名鴉の塒 カラスのねぐら【単話版】
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数93
ジャンル
ファイル容量
47.86MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

男を愛する男達の愛と孤独と哀しみ、そして新しい家族のカタチを描いた大長編ストーリー!

「少しずつ、家族になろう」

天涯孤独の男が、転がり込んだ山の麓の家。そこは、心も体も逞しい野郎達の隠れ家だった。常に褌一丁か真っ裸で過ごす、不思議でスケベな共同生活が始まる。しかし、様々なトラブルや哀しい苦難が立ちはだかり…。

G-menでの好評連載作品が待望の電子書籍化!

※こちらはコミックス『鴉の塒』を2話分ずつに分けて収載した"分冊版"です。最終話とスピンオフ的な作品として『鴉の塒』連載前に描かれた読切作品『龍と竜(たつとりゅう)』、そして作者のあとがきページを合わせてセットで配信! 全話をまとめた電子書籍版も好評配信中!

◎鴉の塒 最終話

オヤジの四十九日が終わり、新たに社長となった番頭がスーツ姿で駆け回り、男達は酒を呑み笑い合う日々を取り戻した。将造は番頭に抱かれながら、本当の家族になれた喜びを噛み締めるのだった。ある日、将造は倉庫で、自分がこの家に運び込まれた日、暴漢達に盗まれたはずのカバンを見つける。その理由を番頭に問いつめ、将造は静止を振り切って家を出てしまう。

将造はかつて、自分が母親から捨てられ、預けられていた養護施設の前に立っていた。施設はすでに閉鎖されていたが、そこで母親らしき中年女性と連れ添う男と出会う。女性はかつて、子供と離ればなれになり、障害を負ってしまったと男は告げる。明らかになる将造の母親の過去、そして真実。将造が向かうべき道は何処なのか…。

◎龍と竜(たつとりゅう)

『鴉の塒』のサブキャラクター•龍夫の過去を描いた、サイドストーリー。龍夫の上半身に刻まれた雄々しい二匹の龍の刺青。現場での仕事中、後輩からその刺青の理由を尋ねられ、龍夫はその過去を語り始める。若い頃、キャバクラの用心棒で荒くれ者だった龍夫は、真面目な税理士の竜二と付き合っていた。正反対ながらも互いに求め合い、不離一体の二人であったのだが…。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「鴉の塒 カラスのねぐら PART6 最終話/龍と竜)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件