({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年04月27日
シリーズ名鴉の塒 カラスのねぐら【単話版】
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数51
ジャンル
ファイル容量
25.25MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

男を愛する男達の愛と孤独と哀しみ、そして新しい家族のカタチを描いた大長編ストーリー!

「少しずつ、家族になろう」

天涯孤独の男が、転がり込んだ山の麓の家。そこは、心も体も逞しい野郎達の隠れ家だった。常に褌一丁か真っ裸で過ごす、不思議でスケベな共同生活が始まる。しかし、様々なトラブルや哀しい苦難が立ちはだかり…。

G-menでの好評連載作品が待望の電子書籍化!

※こちらはコミックス『鴉の塒』を2話分ずつに分けて収載した"分冊版"です。第一話と第二話を合わせてセットで配信! 全話をまとめた電子書籍版も好評配信中!

◎鴉の塒 第一話

ある雪の夜、暴漢に襲われて路上で気を失っていた久我将造は、意識を取り戻すと見知らぬ家にいた。将造を介抱したのは、褌姿の屈強そうな「番頭」と名乗る男だった。ここは山の麓の小さな工務店で、社員寮のような所だと言う。怪我を負っていた将造は、3日間寝たきりだったらしい。

今はまだ、体を休めろとうながされる将造であったが、股間の逸物はギンギンにそそり勃っていた。不意に、路上に倒れていた時の記憶が甦る。将造は凍えながら、このまま死ねるのだろうかと考えていたのだ。将造は欲情にまかせ、その肉棒をしごき上げる。

生きる事をあきらめかけていた天涯孤独の男•将造は、この先どうなるのだろうか…。

◎鴉の塒 第二話

将造が謎の家に担ぎ込まれて五日目、傷も体調も回復すると、番頭と共に「オヤジ」と名乗る中年男が現れる。彼もまた褌一丁の姿であった。彼は「オレん所で働かねぇか?」と、この家での住み込み仕事を持ちかける。

考え込む将造を、番頭とオヤジは家を案内する。数人の男達が共同生活をしているこの家では、何故か全員が裸か褌一丁であった。男達に迎え入れられた将造は、風呂に入り食事をする。

酒に酔った将造を布団に運ぶ番頭。そして、番頭の手は将造の体に…。番頭からの突然のキスや愛撫に、戸惑う将造であったが…。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「鴉の塒 カラスのねぐら PART1 第一話/第二話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件