({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年02月09日
シリーズ名某大学アメフト部体験記 肉奴隷主将
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数48
ジャンル
ファイル容量
1.43MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

G-menの人気体育会小説シリーズ!
強豪アメフト部を率いる主将が、性欲旺盛なゴツい体育会野郎達に、次から次へと陵辱されまくる!
誌面ではシーズン2として掲載された新章が、いよいよ配信!

大学アメフトのオープン戦で、格下のチームに惨敗した主将の郷里は、その責任を負わされる。
絶対服従のOB•本間から下された指令とは、親友の山村が所属するラグビー部に、
1週間限定の肉便器として貸し出される事だった。

部室での輪姦後、ザーメンまみれのマスクとラグビージャージ姿のまま、
誰にもバレないように寮へと戻るが、後輩の鷹村と熊川に発見され正体もバレてしまう。
二人は、郷里が目をかけている1年の大槻にバラす&大槻を犯すと脅かし、俺達にも犯らせろと迫るのだった。
そこに、事情を知らない大槻が現れ、二人は「大槻もケツ犯ってみろよ」とけしかけるのだが…。

その後も、郷里の受難の日々は続き、ラグビー部の童貞部員を集めた筆下ろし大会に、
郷里は体を差し出す事になる。
そしていよいよ最終日、山村と一対一で会う事になるのだが…。

「『な、な、な、な、何これ!?」
大槻もパニック状態らしい。
『何って、見て解るだろ。このラグビー野郎を輪姦してんだよ』
大槻の質問に、鷹村が答える。
『ど、どこからラグビー部の奴なんか連れ込んだんだよ!』
『ベランダに落ちてた』
『何だよそれ!』
大槻は慌てながらヤバい状況だと理解したのか、焦って入り口のドアを閉めて鍵をかけた。
『待ってろよ! 大槻! 速攻で選手交代するから。今イクからな! イクぞ! 中に出すぞ!』
熊川はそう言うと、俺のケツの中で派手に射精して速攻でチンコを引き抜いた。
その瞬間、ケツからザーメンが滴り落ちるのが感じた。
その様子を大槻はガン見しているに違いない。
(ああ、大槻! 見ないでくれっ! ザーメンまみれのケツなんか見るな!)』(本文より)」

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「某大学アメフト部体験記 肉奴隷主将5 ~屈辱の種壷指令 後編」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件