({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年12月29日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数23
ジャンル
ファイル容量
1.31MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

G-menやSUPER SM-Zなどの読者から、編集部に寄せられた体験談をもとした、リアル作品シリーズ!

25歳の若リーマンが、タイプの男に連れられて入った、見知らぬゲイバー。

密着しながら体に触れてくる相手に、戸惑いを感じながらも興奮を覚えるリーマン。
カウンターの下で勃起したモノを、引っぱり出されてしまうも、振り払えないまま言いなりに…。

「え、俺もさわって、いいの?」
やがて周囲の客の手が、股間や体に伸びてきて、勃起した誰かのモノを握らされる。
そしてローションやバイブを取り出す客まで現れて…。

SUPER SM-Z No.27に掲載された読者体験談小説を配信!

「『いい体してるな~。何か運動やってたの?』
マスターは、Kさんの悪ふざけを止めるどころか、自分も加わりたそうな感じで話しかけてきた。
ラグビーやっていた筋肉が緩んじゃって、太っているだけなんです、と、息も絶え絶えに答えたら、
『それってモテスジって事じゃない、その美味しそうな身体を見せてよ』と言われた。
Kさんは了解とばかりに、すかさず俺のTシャツを捲り上げてしまった。
俺の汗ばんだ生胸や腹が客前に晒された。
店内の客がザワザワと静かに騒ぎ始めた。」(本文より)」

読者体験談小説 2 バーでの集団陵辱の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「読者体験談小説 2 バーでの集団陵辱」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件