({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年10月27日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数19
ジャンル
ファイル容量
1.31MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

大手警備会社の就職面接にのぞんだ、失業中の妻子持ち男。

その場に現れたの担当者は、学生時代に所属していた柔道部の後輩だった。
人手は足りていると冷たく突き放す後輩に、男は生活のため、家族のために、なんとか採用して欲しいと頭を下げる。

しかし、学生時代の部活動中、男に虐げられていた事を根に持っていた後輩は、「特別な面接」を行うのだった…。

SUPER SM-Z No.16に掲載されたSM短編小説作品を配信!

「犬井の手は、俺の、内腿やふくらはぎの肉で、ムチっとした股座を、
暑苦しい下半身を、サワサワと這いずっている。
そのいやらしい感じの触り方。さすがの俺も、直感せざるを得なかった。犬井の下心を。
『まさか、こ…これが目的だったのか?』『だとしたら、どうだっていうんっすか?』
全く悪びれず、恥じらいの欠片もない反応。
犬井は、ホモだったのか? 俺の背筋に、ゾクッと寒気が走った。(本文より)」

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「SM短編小説 警備員変態面接」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件