ゲイ > メディレクト(旧 古川書房) > 空手部の制裁~体育会告白短編

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年04月14日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数13
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

40代の兄貴から告白された、空手部に所属していた学生時代に体験した、ある恥辱的な出来事。
それは、徹底した上下関係に支配された、体育会の世界の裏の顔だった…。
試合の敗北を先輩達に叱責されながら、その身に襲いかかる暴力と性的な仕置き。
面白半分の後輩シゴキから、ある行為を強制されてから、場の空気が次第に妖しく変化していき…。
G-men201号に掲載された体育会特集短編小説作品(原題:空手部の制裁•雄リンチ)を配信開始!

「俺には、五つ上の兄貴が居る。兄貴といっても実の兄貴じゃない。俺の彼氏だ。
歳は四十二歳。建築デザイナーと言うインテリな肩書きを持つ反面、
その風貌といったら毛むくじゃらの熊である。
しかし、けっして太っている訳ではなく、骨太というか、とにかく逞しい漢で、絶倫の上、アソコもでかい。
ゴツゴツとした男根は男らしく、それを使ってのタチり方は半端じゃない。
自慢にきこえるかもしれないが、身が持たない、と思わされる事がしばしばある……
どっからどうみても、理想の兄貴だ。
兄貴の男らしさは、大学時代までやっていた空手のせいだ。
あの腰突きの馬力は、その稽古によって培われたものだろう。
体育会特有の武勇伝も、いくつも聞かされてきた……。
豪快な酒の場での話や、先輩に連れられていった風俗の話……
どれも豪快で、男らしくてかっこいいが、
ある夜、兄貴がフッと語った出来事は、意外にも恥辱的な体験談だった。(本文より)」

作品情報/動作環境

作品番号
BJ107349
ファイル名/ファイル容量
BJ107349.zip / 1.3MB (1365177Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「空手部の制裁~体育会告白短編」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件