({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年03月31日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数28
ジャンル
ファイル容量
1.39MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

体に張り付く伸縮性のアンダーウェア。
それは、ある男達にとっては下着以上の特別な意味を持つ…。

幼い日に観た特撮ヒーローの勇姿。プロレスラーや競輪選手。
彼らが纏うピチピチのウェアに、何故だか惹き付けられてしまっている男は、
彼らの姿を真似るようにタイツを身に付ける。
布越しに盛り上がる、筋肉の凹凸、そして股間…。

深夜の公園で、誰にも知られる事無く、一人寂しく自慰に耽っていたはずが、
同好のフェチの男と出会ったことで…。

G-men214号に掲載されたフェチ特集小説作品(原題:黒タイツ)を配信開始!

「男の手が、俺のベルトに伸びてきた。俺のスラックスを脱がしにかかる。
ズボンのフックを外すと、そのまま腿の辺りまでズリ下ろしてきた。
そして、俺の黒いタイツがお目見えした。
パツパツに身体にフィットする、防寒用であり、汗を吸いとる役目も果たす薄手のタイツ。
ニット地よりやや光沢があり、俺の、ちょっと人より太めの足が、
この窮屈なタイツによって余計にムッチリと筋肉質に見える。
俺は今年で30歳、身体は身長170センチの体重80キロと、
目の前の男ほどではないが、鍛えてあり、それなりの筋肉太りをしているのだ。(本文より)」

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ムチムチタイツ×ピチピチアンダーシャツ~フェチズムの闇に溺れたガチムチ野郎」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件