ゲイ > メディレクト(旧 古川書房) > 博多劣情もんもん橋

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年11月04日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数85
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

風俗案内所で知り合った、変態ノンケ青年2人が過ごす、ディープな一夜。

元ラグビー部の男が、股間をいきり勃たせたまま、案内所で自分に合う風俗店を探していた。
そのあからさまな勃起を周囲の客達に見られながら…。

しかし、そこに純白のロングタイツ姿の男が現れる。
一斉に彼に注がれる視線。
そのタイツ男が眺めていた店の紹介文が、
アナル性感専門店であることを見抜いた男は、彼に声をかけて…。

「「こういう店、詳しいんスか?」
「そうだな。まぁ、俺が行くのはM女のいるヘルスがほとんどだけどな」
「でかいっすね!」と、男が言ってきた。
「お互い様だ」俺は男のタイツを見おろす。
「こんなエロい格好でこんなとこ来て。勃起チ○ポ晒すのが好きなんだろ?」
男は鋭い瞳で俺を見返した。
「そうだろ? そういうことして興奮してんだろ?」
「………」結ばれていた男の唇が柔らかく開く。俺は追い討ちをかけた。
「見られて興奮する男、だろ?」
男の太い首に汗が伝う。そして、俺は目撃した。
純白のロングタイツの股間で、男の性器が急激に膨らむのを!(本文より)」

作品情報/動作環境

作品番号
BJ093446
ファイル名/ファイル容量
BJ093446.zip / 1.52MB (1594454Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「博多劣情もんもん橋」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件