>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年10月28日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数71
ジャンル

作品内容

二週間は消えないタランチュラのペイント・タトゥー。
プーケットの熱い陽射しに灼かれた男は、淫らな本性を曝け出しはじめる。

南の異国の地に降り立った、28歳の大手企業サラリーマン。
彼のことを誰も知らないこの街で、彼が求めたものは…。
彼はかつて、一年前に社員旅行で訪れたこの地で、体験してしまったある行為に囚われていたのだ。
あの刺激的な興奮を再びと…。

「帰国当日のことだった。
深夜便までの時間を他の連中は土産物探しに費やしたが、尚央は一人チャイナタウンに向かった。
クロントムでの快楽が忘れられなかったのだ。
露出が目的だったから、穿いているのはプーケットで買ったケツがはみ出るようなランニングパンツだった。
当然、下にサポーターは着けていない。
あのときと同じように、猥褻なDVDのパッケージを眺めながら、勃起したものを短パンの横から掴み出して、
しごきまくり射精するつもりだった。(本文より)」

作品情報/動作環境

作品番号
BJ093445
ファイル名/ファイル容量
BJ093445.zip / 1.55MB (1630398Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「タランチュラの舌」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件