>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年10月07日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数50
ジャンル

作品内容

大学時代の先輩である風俗店店長から頼まれ、M男向け性感サービスの練習台となったノンケ。

男に犯される興奮を知ってしまった彼に、店長は更に淫らな実験の相談を持ちかける。
「客二人を男性スタッフ一人が相手するってことだ」
過激さを増していくその企みに、男達は徐々に飲み込まれていくのだが…。

「白いタンクトップに膝上でカットしたジーンズを身につけ、
スポーツメーカーのロゴ入りリュックを担いだリョウは、朝練帰りの運動部の学生のようだった。
「乗れよ」と、平然とリョウを後部座席に迎え入れた権藤と、その隣に座った俺に、
リョウは快活な挨拶と笑顔を投げて寄越した。
俺がここにいることにも不思議そうな素振りはなかった。
朝の明るい光線の中、リョウはいかにも健康的で、清々しい表情を湛えている。
あの夜、俺の体を6時間串刺しにして、7度の射精に導いた悪魔にはとうてい見えなかった。(本文より)」

作品情報/動作環境

作品番号
BJ093442
ファイル名/ファイル容量
BJ093442.zip / 1.51MB (1587820Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

プリアポスの奴隷 後編の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「プリアポスの奴隷 後編」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件