({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年09月30日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数62
ジャンル
ファイル容量
1.56MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

大学時代の先輩である風俗店店長からの、断れない頼み事は、
M男向け性感サービスの練習台だった。

未知への好奇心。露出羞恥の興奮。ノンケのくせに感じるアナル。
彼はこの淫らな楽園の虜になってしまうのか。

体育会OBの主人公・海星は、学生時代の先輩である権藤から、相談事を持ちかけられる。
風俗店店長の権藤は、新しい性感サービスを考案しており、
その無料体験をしてみないかと言うのだ。
だが、その内容は、男にケツを犯されるという、M気のある客向けのアナル性感サービスで…。

「29歳。どこからどう眺めても逞しい男だった。大学まではラグビー。
社会人になってからはジム通いのほかに趣味のトライアスロンやビーチラグビーで作り上げた肉体だ。
白いTシャツの胸ははち切れそうだったし、パツンパツンの袖口から突き出た腕をグイと曲げれば、
陽に焼けた上腕二頭筋が音を立てて隆起した。(本文より)」

プリアポスの奴隷 前編の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「プリアポスの奴隷 前編」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件