({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年09月23日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数29
ジャンル
ファイル容量
1.32MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

体に「穴」を空けるという行為に魅せられた男の独白。
痛みや苦しみに苛まれながらも、男の探求心は止まらない。

局部や乳首へのピアッシングという、マニアックなフェティッシュを真っ正面からリアルに描いた異色作品。
痛みに耐えながら、その先に何かを求め掴もうとする男の性(さが)。

「もうずっと以前、三十そこそこのとき小倉のバーで見せてもらった外国の雑誌で
両乳首につけたリングを鎖につないで、それを魔羅筋に通したリングにつないでいる
けむくじゃらの男の写真を見てから自分もそうしたいと思い続けた。
乳首にさわるといい気持ちがするからリングをつけたり鎖をぶら下げていれば
いつもいい気持ちだろうと単純に考えたし、それを魔羅につなぐという露骨な卑猥さに熱く惹かれた」(本文より)

※原案/J.G.、G-men No.223掲載作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「五穴」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件