>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年09月16日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数47
ジャンル

作品内容

不器用で荒くれ者の植木職人。そんな彼の世話をやく同居人。

酒に酔い、欲情に溺れ、うつろう日々の中で、やがて彼らは、男同士で愛し合うことの意味を知る。

共に過ごした月日は17年。
それでも、寝床をひとつにしたことは無かった彼らであったが、あるきっかけを境に変化が生じて…。
貪るようなセックス。孤独を分け合うような抱擁。そして、取り返しのつかない深い哀しみ。
彼らの間を吹き抜ける「風」とは…。

「『ヨメに来るか』源次が毛むくじゃらな腹をかきながら言った。
『うん』丼や皿を流しで洗う三十七にもなる功吉が、毛が黒々と這う尻を源次に向けたまま少年の様に素直に答えた。
『じゃあ来い』功吉のあっけない返事に源次は愉快そうに笑った。
『さて』源次は意味もなく言ってから、カラになった酒瓶が壁際に並べられているのを功吉の後ろで一本一本とりあげて、
瓶の首をつまんでぶら下げて底を見ては一滴も残っていないことを確かめている」(本文より)

※原案/J.G.、G-men No.230掲載作品

作品情報/動作環境

作品番号
BJ086641
ファイル名/ファイル容量
BJ086641.zip / 1.35MB (1411185Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「風の中」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件