({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年09月02日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数34
ジャンル
ファイル容量
1.37MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

相棒のように、兄弟のように、あるいは恋男のように。
互いの肉体を重ね、同じ時間を歩み続ける、中年男ふたりの愛と欲の物語。

二十年前。東京駅の地下。ドヤ街。六尺。銭湯。
どこかノスタルジックな懐かしさとさびしさが、肉体労働者のむせ返るような匂いと共に、
時に切なく時にコミカルに描かれる、男と男の人情物語。

「『ヤマかい』突然男が顔をあげて言った。目を離す間もなく、男の目と真正面で合ってしまった。
ヤマってのは炭鉱のことだ。俺がヤマだってことがわかったのは、
俺の左の腕の肩のすぐ下に名前がカタカナで入れ墨されてるからだ。
事故で埋まったときの身元の判別の為だ。
男がモッコの小さな前袋を底から掻きあげながら、きらきらした目で俺を見た」(本文より)

※原案/J.G.、G-men No.239掲載作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「熊に飼われて」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件