ゲイ > メディレクト(旧 古川書房) > 野郎売りマス

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年08月26日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数33
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

伝説のゲイ雑誌『さぶ』誌で熱筆を揮った幻の作家・江島厚による、
G-men235号に掲載された単行本未収載の読み切り小説作品を配信開始!

その肉体を「買い主」達に、求められるがままに捧げる男たち。
三つの「野郎責め」オムニバスストーリー。
遠慮の無い責め苦の数々を受けながら、買われた男達が体験する、
めくるめく刺激と官能の刻とは?

第一話・土木建築家の場合
第二話・歯科医師の場合
第三話・ビル夜間警備員の場合

「素っ裸の体を、ドロの中に横たえ、上半身をがんじがらめに荒縄で縛り上げられた格好で、
オレは男に踏みしごかれる。
オレの股間は、泥と、出したばかりの雄汁でベトベトに汚れていた。
射精した後の快い疲れに、オレはうっとりとする。
雨が、そのオレの体を打ち、少しずつ汚れを流していく。
『お前のこの体に出した金だけは、お前のこいつから絞らせてもらうぜ』」(本文より)

作品情報/動作環境

作品番号
BJ086638
ファイル名/ファイル容量
BJ086638.zip / 1.34MB (1408870Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「野郎売りマス」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件